本文へスキップ

在宅で療養される患者様とそのご家族を支援します。

    めぐみ薬局 

医療・介護関係者の皆様へ

病院・診療所のお医者様へ

薬の服用状況・治療経過が心配な患者様はいらっしゃいませんか?
・ご高齢の患者さん、薬ののみ方は把握できているだろうか
・複数の医療機関を受診しているようだが、薬の管理はできているのだろうか
・治りが悪い患者さん、外用薬の使い方が悪いのではないだろうか

ドクターの前では、薬をきちんとのめていないことを正直に話せないという患者様もいます。薬剤師が患者様宅を訪問し、正しい服薬のお手伝いをするとともに、ドクターに服薬状況・治療経過をご報告します。

高齢者施設の関係者様へ

ご入居者様の薬の管理に、看護師・ケアスタッフの多くの時間と手間をとられていませんか?
服薬管理を任せていただくことで、スタッフはご入居者様のケアにより多くの時間を注ぐことができます。
他科受診の際の重複投与や相互作用のチェックはもちろんのこと、服薬時点ごと(朝食後など)に一包化し、氏名・部屋番号・用法・薬品名などを印字、色分けしてセットすることで、のみ忘れや配薬ミスの防止を図ります。

介護関係者の皆様へ

患者様と日頃ケアを通じて接する中で、服薬に問題があると感じることはありませんか?
・のまずに残っている薬がたくさんある
・ある薬をのむと調子が悪くなるようだ
・大きな錠剤はのみこみにくいようだ
・便が固かったり軟らかかったりで、困っている
など、服薬管理が必要と思われたら、ご相談ください。

薬剤師による服薬管理のサービスがあります。居宅療養管理指導は、介護保険によるケアプランの利用限度の枠外ですので、他のサービスへの支障は出ません。

居宅療養管理指導・訪問薬剤管理指導の流れについて

医師の指示型   薬局提案型   他職種提案型

    
  
          
患者の同意を得て居宅療養管理指導・訪問服薬管理指導を開始する

早期退院、在宅療養患者の増加に伴い、在宅療養を支える地域のネットワークが必要です。
医療・介護・福祉・行政で連携をとりながら、より良い在宅療養をすすめていきましょう。